BenQ XL2546 レビュー

今回はBenQ Japanさんからお話を頂きまして、XL2546のレビュー記事になります。

BenQ XL2546

ご存知の方も多いと思いますが、現在CSGOで世界的に最も主流のモニターです。240hzのモニターですので値段が張りますが、信頼性、性能ともに最高クラスのものですので、一度買ってしまえばモニターで悩むことはそうそう無くなるはずです。

・24.5インチ, FHD(1920x1080)
どちらも240hzモニターの標準的なものです。BenQのモニターは画面サイズを24インチ、23インチ等に変更出来ますので、前の世代のサイズの24インチ等を使いたい場合などにも問題なく利用出来ます。

・TNパネル、240HZ、1ms(GtoG)
こちらも一般的な240HZモニターの性能です。240hzと144hz違うの?という質問がよくきますが、全然違うと言えます。自分も初めて144hzから240hzに移行した時に違いがあまり分かりませんでしたが、240hzに慣れた今144hzを使おうとするとガクガク(少しですが)に加えて入力遅延を感じてしまってまともに出来ないレベルです。それくらいの差があります。


・DyAC
このモニターの特徴的な機能の一つです。ばっさり説明すると黒挿入により明瞭さをあげる設定です。

通常の240hzのモニターに比べて、より残像が少なくくっきりはっきり見えるようになります。一見めちゃくちゃつよそうな機能ですが、プロの間でもonoffが分かれてますので実際に試してみて自分の好みで選んで大丈夫です。

・Black eQualizer
こちらもこのモニターの特徴的な機能です。暗部のみを明るく見やすく出来るようになります。影の中にいるモデルが見にくくなるゲーム等では、この設定を変えることで見やすくなります。


・Color Vibrance
鮮度を調整する設定です。NVIDIAのデジタルバイブランスの設定をモニター側で出来るようにした、みたいな感じです。0~20まで選べますが、大体13くらいで一般的な色になりました。べんり


・S.Switch
これ個人的にめちゃくちゃ気に入ってる機能です。モニターの設定をボタンてポチポチ選べるようになる取り外し可能なスイッチで、モニターの設定をS.Switchに保存することが出来ます。さらに、S.Switchを別のXL2546(オフライン会場などで)に繋げることで、保存してあるモニターの設定を1タッチで反映させることが出来ます。とてもべんり


などが大まかな機能になります。細かいところでいうと、

・アイシールド
モニターの横についてるガードです。取り外しも可能です。外からの光の反射等を抑えて見やすくさせてくれます。また、モニターの枠の部分(4方全て)も画面の反射を抑えるように設計されていますので、余計な反射を抑えて集中しやすいようになっています。
こういったところも非常に丁寧に設計されています。


・ヘッドホンハンガー付き
取り出し可能なヘッドホンハンガーが付いています。結構便利です。

・USB3.0の接続口二つ、オーディオ出力やマイク入力端子付き
どちらもあるだけで便利です。

・標準的なスタンドのサイズ
スタンドのサイズはモニターによって大きく変わりますが、xl2546は標準~小さめです。作りがしっかりしているので揺れやカタツキ等は全くありません。
スタンドに合わせてキーボードやマウスパッドの配置も変わりますので、オフライン大会でも一般的なモニターとなっているxl2546に自分のデバイス配置を合わせておくと便利です。

・物理的に押せるボタン
タッチ式も増えてきましたが、ボタン式のほうがやはり操作しやすくおすすめです。

・モニターの角度や高さを数値で測れるように目盛りつき
オフライン会場でも家と同じ環境に近づけやすくなります。また、設定を真似したい選手等にもどれくらいの高さにしているのか、といったことを聞きやすいです。


大まかなレビューは以上になります。冒頭でも書きましたが、
性能・質ともに非常に良く丁寧に設計されていること
いろいろな大会のオフライン会場で使われていること
プロの使用率がダントツで高いこと
などから本当におすすめできるモニターです。
トップレベルでの活動を目指している方、強さを求めている方々にとっては現状必需品クラスですので、とりあえずモニター枠ではこれをおすすめしておきます。

最後に、一応自分のモニター設定を載せておきます。少しでも参考になれば幸いです。
DyAC - OFF
Black eQualizer - 0
Color Vibrance - 13
Low Blue Light - 0
Instant Mode - ON
Picture Mode - Gamer 1
Brightness - 0
Contrast - 50
Sharpness - 7
Gamma - 1
Color Temperature - Bluish
AMA - High
DynamicContrast - 0
Senseeye Demo - OFF
Display Mode - 24(16:9)
Smart Scaling - 0
Input - DisplayPort

*4/20 追記
DyAC - offの質問が多いので追記です。
DyAC機能は上記の通り明瞭さを上げる設定で、より残像が少なくはっきりくっきり見えるようになるものですが、良くも悪くも特徴的ですので、これに慣れると他のモニターを使ったときに違和感となってしまいます。オフライン会場などで別の会社のモニターを使う機会はよくあることですが、そういったときに出来るだけ違和感を無くせるように、どこのモニターでも再現出来るような設定にしておくためにoffにしています。
正確にはこれだけじゃなくてプロの使用率とか感覚とか色々混じっていて総合的に判断しているのですが、大きな理由はこれです。

Laz

0 件のコメント:

コメントを投稿