指揮と戦略

指揮の出し方とプレイヤーがどう動くかの説明です。当然指揮官やチーム毎に違いはありますが、ここでは教科書的な攻め方として
1.スタンダード(default/loose style) 2.セット(execute) 3.マップコントロール 4.ラッシュ(fast strats) 5.fake
の5種類に分けます。

1.スタンダード(default/loose style)
最も基本的な型です。何をするかもどちらを攻めるかも決めないままラウンドを始めます。プレイヤーは自由に動け、情報を集めたり1killを狙ったりしながら指揮を待ちます。マップコントロールによる利点を得る為に最初は散らばってTが安全に確保出来る場所を押さえておく事が多くなっています。指揮官は情報を集めながらどちらを攻めるか、どう攻めるかの指揮を出します。味方や敵の状況に合わせて指示を選ばなければならない為難易度は高いです。
対応力に優れているもののプレイヤーの判断ミスが致命傷に繋がりやすく、トレードキルが狙えない状況で1キルされてしまい4v5スタートになるといった不利状況に陥るケースがよく見受けられるので注意が必要です。
2.セット(execute)
前もって決めていた作戦を実行します。個人の判断に関係無く、比較的楽に戦略的有利を取れます。
投げ物を合わせて投げたりfakeを狙ったりと多岐に渡りますが、決められた通りに動く事は共通である為、相手に読まれて対策されたり予想外の事をされたりすると一気に崩れる傾向があります。
3.マップコントロール
最初からマップコントロールを狙いに行きます。マップによって違いはあるものの、midに相当する重要な場所を取りにいく事が多いです。上手く取れるとマップコントロールによる優位を得ますが、特定の場所に人数が集まる為空いている場所をCTに取られやすく、そのまま制圧されると優位を取り返されます。マップコントロールに参加するプレイヤーはいかに被害を少なくしたまま場所を取るか、参加しないプレイヤーはいかにCTのマップコントロールを抑えるかに焦点を当てると上手い判断がしやすくなります。指揮官はスタンダードと同様に臨機応変に指示を出す必要があります。
4.ラッシュ(fast strats) 
最初から固まって特定の場所に攻め込みます。人数差による有利を取りやすいものの投げ物の被害を受けやすい為相手のマネーやラウンド開始後の傾向を考えながら慎重に選ぶ必要があります。攻め込むタイミングをずらす事は相手の対応を不適切にさせる助けとなり、ラッシュはそれを簡単に行えるので場合によっては目に見える状況有利以上の価値が出ます。
5.fake
片方のサイトに攻め込む振りをしてもう片方のサイトに攻めます。上手く行くと相手の守りが薄くなっている状況で攻め込めますが、相手に読まれて失敗するとそのまま状況不利に陥ります。心理戦になりやすい為相手をよく分析してから行わないと運に左右されがちになります。ラッシュと同様にfakeを相手の頭にちらつかせる事で対応を不適切にさせる助けになります。

*参考
5 ways to organize as T - GA Fallen

0 件のコメント:

コメントを投稿