nvidia

nvidiaコントロールパネルの設定の説明&Tipsです。主に好みで変更出来る部分に触れます。


まずは[3D設定の管理]の項目から。
・アンチエイリアシング - FXAA
nvidia側からFXAAアンチエイリアシング効果を掛けます。ゲーム内videoオプションのFXAAと重複はしません。
・アンチエイリアシング - モード
アンチエイリアスの設定です。csgoではゲーム内設定が優先されるので何を選んでも変わりません。
・アンチエイリアシング - 設定
同上
・アンビエント オクルージョン
陰影を自動で調整する機能です。綺麗に見えるようになりますが暗いところがより暗くなる為[オフ]推奨です。
・シェーダー キャッシュ
nvidia版のキャッシュの設定です。一度描写したものを保存して再度利用する事でロード時間やカクつきを減らせるとされていますが、環境やゲーム次第では黒線が出てしまったり逆にカクつきが出てしまったりします。問題が無ければCPU負荷軽減を望めるので[オン]推奨です。
・テクスチャ フィルタリング - クオリティ
描写の質に関係する全体的な設定です。fpsを稼ぐ目的であれば[ハイ パフォーマンス]に、画質目的であれば[ハイ クオリティ]に設定します。
・テクスチャ フィルタリング - トリリニア最適化
異方性フィルタリングのTrilinearの最適化の設定です。Trilinearの必要がない場所をBilinearに変更します。パフォーマンス重視であれば[オン]、クオリティ重視であれば[オフ]にします。
・テクスチャ フィルタリング - ネガティブ LOD バイアス
効果の説明は省きます。静止状態の画質を優先するなら[クランプ]、安定した描写を優先するなら[許可]を選びます。[許可]推奨です。
・テクスチャ フィルタリング - 異方性サンプル最適化
異方性フィルタリングの最適化の設定です。細かい描写が不要な所で処理の質を下げる事によりパフォーマンスを向上させます。パフォーマンス重視であれば[オン]、クオリティ重視であれば[オフ]にします。
・マルチディスプレイ/ミックス GPU アクセラレーション
複数のモニターを使っている場合[マルチディスプレイ パフォーマンス モード]、一つのみの場合[シングルディスプレイ パフォーマンス モード]にします。
・レンダリング前最大フレーム数
垂直同期が有効の場合にのみ作用します。
・異方性フィルタリング
別名Anisotropic Filteringの設定です。csgo内から設定出来るので[オフ]又は[アプリケーションによるコントロール]推奨です。


次に[デスクトップ カラー設定の調整]の項目です。

NVIDIA の設定を使用する にチェックを入れる事でディスプレイやゲーム内設定とは別に明るさやガンマを変更出来ます。どれも好みですがガンマは上げすぎるとフラッシュがより白く見えるようになる為効果時間が長くなります。
デジタル バイブランス
色の濃さの設定です。高くすればするほど鮮やかになります。


最後に[デスクトップのサイズと位置の調整]の項目です。

スケーリングモード
bb(blackbar)かstretched(引き伸ばし)の設定です。縦横比にした場合bbに、全画面表示にした場合stretchedになります。
スケーリングを実行するデバイス
スケーリング処理を[GPU]か[ディスプレイ]のどちらにさせるかの設定です。GPUの方が性能が良く遅延が小さくなる為[GPU]推奨です。また、強制的にGPUに処理をさせる為に下の項目にチェックを付けます。


0 件のコメント:

コメントを投稿